ニューノーマル時代のデジタルワークプレイス
~小さなDXの始め方~ Day 1

今すぐ登録する

こちらのフォームに必要事項を入力すると、デジタル イベントにご登録いただけます。

*required fields

ニューノーマル時代のデジタルワークプレイス ~小さなDXの始め方~ Day 1

2020年11月25日(水) 16:30-17:30 | (GMT+09:00) Osaka, Sapporo, Tokyo

昨今のCOVID-19の影響を受けて、デジタルワークプレイスへのシフトが叫ばれ、企業の「デジタルトランスフォーメーション(DX)」が加速しています。デジタルワークプレイスを前提とした業務プロセス改革が急務となる中、これまで以上にDX推進のスピードが重視されています。以前より「DX推進本部」といった専用部署を設置し、各種製品・サービスを駆使しながらDXを進めている企業も多いようですが、なかなか進まないというケースも存在するようです。理由は様々ですが、大きな経営リソースをいきなり投下しようと検討した結果、すべてのユーザーの要望に応えることは難しく、最悪の場合、プロジェクト自体がとん挫してしまうというケースです。つまり、DXはいきなり大がかりに仕掛けるのではなく、できるところから小規模に進めることも重要なアプローチなのです。特に、スピーディーに変革を起こしていくためには、現場からも改革していける環境を整えることも必要です。

そこで今回はこうした小規模アプローチでDX化をうまく進めたケースを2種ご紹介します。Day1ではアバナードが支援する「Workplace Experience (WX)」。Day2ではパソナテックが支援する「共創アプローチ」です。
いずれのケースにも共通しているのは、スピード感を持って目の前の課題を解決することがDXの端緒であり、小さなDXから始めるべきだという考え方です。
どちらかが正解というものではなく、皆様のおかれる環境によって最適解は異なるはずです。是非両方をご聴講いただき、貴社のDXを進めるうえでのアイデア収集にお役立てください。

【次のような方に特におススメします】
ニューノーマル時代の働き方改革、業務のデジタル化推進を検討している経営企画部・情報企画部などの管理職および経営層の方、DX推進に関わるご担当者様

1. オープニング (5分)

日本マイクロソフト株式会社 ビジネスアプリケーション事業本部
プロダクトマーケティングマネージャー
平井 亜咲美

2.小さなきっかけからつながるWorkplace Experienceの改善 〜目の前の面倒な業務から始めるDX~ (45分)

日々の仕事の中にある「あー、これ面倒」という業務。それ、小さなDX推進のきっかけになります! 小さく始める業務改善について、私たち自身の経験から、そのプロセスとみなさんに持ち帰っていただけるヒントを、Power Platformの活用例を交えて、共有させていただきます。また、このような小さなきっかけが、大きなワークプレース体験(Workplace Experience: WX)の改善の実現につながります。アバナードが考える、これからのWX実現におけるビジョンとして、Power Platformを活用した社内ポータルについてご紹介いたします。

アバナード株式会社
モダンワークプレース
Value Realization Offering Lead – Japan
ディレクター
庄 昌子 氏

3.Q&A (10分)

アバナード株式会社より情報提供を希望し、本件にお申し込みを頂いた場合、お客様の登録情報を当該企業に第三者提供させていただきますので、右側申込フォーム下のパートナーへの個人情報提供の希望にチェックをしてください。 利用目的は当該企業の製品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関する情報をお知らせすることです。個人情報の取り扱いにつきましては、アバナード株式会社のプライバシーポリシーに準拠します。(https://www.avanade.com/ja-jp/utility/privacy-policy

https://info.microsoft.com/JA-PowerApps-WBNR-FY21-11Nov-25-FY21Q2PowerPlatformAvanardWebinar-SRDEM49158_LP02ThankYou-StandardHero.html