一歩先行く Azure Computing シリーズ(全3回) 第1回 SLA を軸にした Azure 高可用性設計とは [ウェビナー]

今すぐ登録する

このフォームに入力すると、ウェビナーにご登録できます

*required fields

一歩先行く Azure Computing シリーズ(全3回) 第1回 SLA を軸にした Azure 高可用性設計とは [ウェビナー]

2018年11月8日(木) 16:30-17:30

<概要>
クラウド上でのシステム設計にあたり、重要なポイントとして SLA ( Service Level Agreement )があります。
クラウドは、本質的には契約行為ですので、その契約の条件として SLA が無いと、根拠のないサービスレベル設計をすることになります。
本セッションでは、Azure における SLA を紐解き、それを元にどのようにシステム設計を行うべきか解説します。

本ウェブセミナーのレベルは L200 です。
L200…受講いただいた方がテーマの製品やテクノロジの全貌や備わった機能を把握し、開発/ 提案ができるようになることを目指したレベル

<アジェンダ>
・はじめに
・Azure の SLA とは
・Azure 上でのサービスレベルデザイン( IaaS / PaaS )
・高可用性設計
・今すぐ使える各種学習ツールのご紹介

内藤 稔
パートナーソリューションプロフェッショナル
ソリューション開発技術本部
日本マイクロソフト株式会社

https://info.microsoft.com/JA-AzureINFRA-WBNR-FY19-11Nov-08-AzureComputing-MCW0009127_02ThankYou-StandardHero.html
今すぐ登録する