[ウェビナー] 新学期特集:SAPをクラウド上で動かす意味 ~なぜ SAP顧客はいまマイクロソフトクラウドに移行しているのか~

今すぐ登録する

このフォームに入力すると、ウェビナーにご登録できます

*required fields

[ウェビナー] 新学期特集:SAPをクラウド上で動かす意味 ~なぜ SAP顧客はいまマイクロソフトクラウドに移行しているのか~

2018年4月26日(木) 12:00-13:00
本ウェブセミナーのレベルは L100です。
L100…マイクロソフトの製品群やテクノロジ群の方向性を説明し、ビジネス判断のためにテーマを理解できることを目指したレベル

<概要>
これまでのパブリッククラウドサービスでは、企業のビジネスを支えるERPのクラウド化は難しいと考えられてきました。しかし、今やエンタープライズ向けのクラウドサービスは成熟し、パフォーマンスや機能が急速に向上しています。従来からのクラウドのメリットであるセキュリティ対策、ハードウェア保守からの解放、リソースの柔軟な増減、運用負荷低減、災害対策などを期待してクラウド検討をされるお客様が増えています。
このセッションでは​、SAP基盤としてのMicrosoft Azureの強みやSAP HANA基盤としての現状についてお伝えします。

対象:既存SAP環境のクラウド化を検討しているお客様、新規にSAPをクラウド上に導入することを検討しているお客様、SAP on クラウドの提案を検討されているパートナの皆さま

<アジェンダ>
・基幹業務システムをクラウド化する意義
・SAP on Azureの現状
・SAP HANA on Azureについて
・SAPインフラとしてのAzureの技術的な特徴
・SAP on Azure 案件に対する特別オファリング​

井上 和英
クラウド&ソリューションビジネス統括本部
Azure &クラウドインフラストラクチャ技術本部
日本マイクロソフト株式会社

家田 恵
ソリューションビジネス統括本部
グローバル ブラックベルト セールス部
マイクロソフトコーポレーション

池本 仁
ソリューションビジネス統括本部
グローバル ブラックベルト セールス部
マイクロソフトコーポレーション
https://info.microsoft.com/JA-AzureINFRA-WBNR-FY18-04Apr-20-SAPcustomersnowmovingtotheMicrosoftcloud-MCW0005483_02ThankYou-StandardHero.html
今すぐ登録する