Azureで始めるビックデータ利活用のことはじめ
〜分析編〜 [ウェビナー]

今すぐ登録する

このフォームに入力すると、ウェビナーにご登録できます

*required fields

Azureで始めるビックデータ利活用のことはじめ
〜分析編〜 [ウェビナー]

2019年12月3日(火) 12:00-13:00

<概要>
前講座の入門編では、価値のあるデータ収集や分析の考え方から始まり、Azureを活用した、AI、予測分析のためのDWH/データマート構築基盤の概要についてご紹介いたしました。
機械学習、AIの構築においては、データの鮮度を保ったまま高速にデータ準備を繰り返し、学習、適応、評価、再度の元データ準備を繰り返す必要があります。Azureでは利用者の観点でお好みのツールを選択できるようにさまざまな種類のツール群を選択する事が可能です。
今回の講座では、Azureツール群の中から、AI,機械学習分析サービス会社である弊社の視点でお奨めのツール2つ。具体的には、 データ前処理ツールとして、「Azure Explore」,機械学習・AI実行ツールとして「AzureML」をご紹介いたします。
サンプルとして利用するデータは、全ての企業様で発生する『売上分析』『売上予測』を目的としたデータを利用いたします。

※1 キーワード : Azure Data Explorer,MachineLearning, KQL言語

<アジェンダ>
-売上予測とは (5 min)
-実際に利用するデータの説明 (5 min)
- ADXの紹介 (10 min)
- ADXで売上の集計を紹介する (5 min)
- AzureMLの紹介 (10 min)
- AzureMLでの出力例紹介 (5 min)
- オフライン講座の予告 『売上をARIMAや機械学習で分析する方法』 (5 min)

DATUM STUDIO株式会社 取締役副社長 / ちゅらデータ株式会社 
代表取締役社長
真嘉比 愛

ちゅらデータ株式会社
データアナリスト
宮城 将伍

https://info.microsoft.com/JA-AI-WBNR-FY20-12Dec-03-AzureAI-SRDEM10900_LP02ThankYou-StandardHero.html